婚約指輪の種類とは??

基本的なデザインとはどんなのがある?

婚約指輪のデザインにはソリティアとメレ、パヴェ、エタニティといった基本的なデザインがあります。中でも最も定番とされているのが、ソリティアです。様々なブランドからもソリティアは出されていて、とても人気のあるデザインです。婚約指輪のポイントとなるダイヤモンドが目立ちやすい所が魅力ポイントです。またどの年代の方が身に付けても似合うデザインのため、ずっと使い続ける事が出来るのもいいですね。メレはダイヤモンドの両脇に小さなダイヤを付けたデザインとなり、とても綺麗な指に見せる事が出来るのが特徴です。そしてダイヤを指輪のアーム部分にたくさん使用したデザインが、パヴェです。ダイヤモンドがキラキラと輝き、とても豪華に見えるのが印象的です。最後にエタニティは、同じ大きさにカットされたダイヤモンドが並べられてるデザインとなります。シンプルですが、ダイヤモンドの一列に並んだ輝きが大人っぽさを引き立ててくれます。

ダイヤモンドにも種類がある!

婚約指輪の上に飾られているダイヤモンドは、一つ一つ品質が異なります。ダイヤモンドは4Cと評価され、カラット、カット、カラー、クラリティによって判断されているのです。カラットはダイヤモンドの重さを単位であらわしたものであり、カラット数が大きい程、重たいと言う事になります。カットとは形状の事であり、一つ一つのダイヤモンドからカットする形が決められるのです。カットのグレードが高いほど、品質も高くなります。そして次にカラーは、ダイヤモンドの色の事です。ダイヤモンドと言えば透明と思いますが、透明の中でも少し色が付いているものも中にはたくさんあります。色が無色な程、品質も高くなります。クラリティとは、ダイヤモンドの中の傷の量の事です。傷が多いと、評価も低くなります。

結婚指輪を千葉で探すなら、千葉市がおすすめです。千葉市には多くの商業施設があり、宝飾品店も数多くあります。そのため、ステキな結婚指輪を見つけることができます。