知ってる?婚約指輪に関する4C

一生あなたの指先を飾る結婚指輪。どう選んだらいい?

結婚指輪は、二人の愛を形に変え、あなたの指先を長い間飾る大切なものです。デザインや価格だけで選ぼうとしても、選択肢の多さに驚かれる方も多いでしょう。購入方法もレディーメイド(既製品)だけではなく、セミオーダー、フルオーダーを含めると数多くあり、あなたに合った世界に一つだけの指輪を見つけるのは簡単ではありません。結婚指輪で一番多く選ばれる宝石といえばダイヤモンドです。ダイヤモンドは、地球でもっとも固い宝石で、固い絆を結ぶという意味が込められています。そのダイヤモンドの品質に対する共通する評価基準があります。数多くの中から、大切なひとつにたどり着くために、ひとつの判断基準とされてみるとよいでしょう。

ダイヤモンドの品質を表す4C

ダイヤモンドの品質を表すものに4Cというのがあるのをご存知でしょうか。4Cとは、カラット(Carat)、カラー(Collar)、クラリティ(Clarity)、カット(Cut)の頭文字のCを取ったものです。カラットというのは、ダイヤモンドの重さを表すものです。カラーは色のことです。ダイヤモンドは、無色透明のものだけではなく、無色のものから黄色身を帯びたものがあります。クラリティーというのは、ダイヤモンドの透明度を表すものです。カラーとは異なり、ダイヤモンドの内部や表面を検査し評価されるものです。カットとは、ダイヤモンドをより輝きを増すように施される技術のことです。代表的なカットに、ブリリアンカットがあります。

結婚指輪を銀座で選ぶ時にはオーダーするのか、既成のデザインから選ぶのかをまず決めましょう。デザインのみではなくて、お得な特典がついているお店もあるのでチェックしながら選ぶことがお得です。